徹底した衛生管理

来院される全ての方が安心して歯科治療を受けられるように、院内感染対策に力を入れています。
清潔で安全な環境を作るため、世界最高水準の設備を整え、
様々な病原菌やウイルスからの感染源を徹底的に滅菌しています。※「滅菌」とは、「殺菌」や「除菌」とは異なり、微生物やウイルスに関わらず、すべての菌を死滅させ、除去することです。

Characteristi当院の衛生管理について

01POINT

「クラスB」準拠。
高圧蒸気滅菌器

当院では医療先進国であるヨーロッパの基準EN13060のクラスBの条件に準拠した高性能な滅菌器を導入しています。

「クラスB」準拠。高圧蒸気滅菌器

滅菌器の種類

  • クラスB

    世界で最も厳しいとされる基準で、医科と同水準。
    複雑なかたち、あらゆる機材・器具の高度な滅菌が可能です。

  • クラスS

    非包装の中空物、包装の固形物などに加え、
    メーカーが指定した特定の対象物に滅菌が可能。

  • クラスN

    非包装の固形物に対しての滅菌が可能。
    複雑な歯を削る器械の内部などは滅菌困難。

非滅菌物別の滅菌器クラス

非滅菌物 クラスB クラスC クラスN
固形製品(包装) ミラー、鉗子、
バー、バット印象トレイ、
ピンセット
固形製品(非包装)
中空製品包装) インプラント用インスツルメント、
ハンドピース、シリンジノズル、バキュームチップ
中空製品(非包装)
繊維製品(包装) ガーゼ、ドレープ、衣類
繊維製品(非包装)
世界最高基準クラスB滅菌器なら

歯を削る器械は、内部が非常に複雑な形態をしているため、
従来の滅菌器では内部まで滅菌することができませんでした。
以前、新聞にも掲載されたこともありますが、削る機械の内部に感染源が残っている可能性があります。
クラスBであれば内部までしっかり滅菌を行うことが可能です。

ハンドピースを例にしたクラスN、クラスB滅菌のちがい

ハンドピースを例にしたクラスN、クラスB滅菌のちがい
  • 02POINT

    超音波洗浄機

    処置後、器具には付着した血液、唾液、セメントなどの汚れが付着しています。消毒・滅菌する前に、これらの汚れを除去しなければなりません。スタッフが1本1本洗浄し、さらに超音波洗浄機で見えない汚れを落とした後に滅菌器にかけています。

  • 03POINT

    滅菌・消毒

    診療時に使用する器具などは患者様ごとに、滅菌したものを使用し、使用後は洗浄・滅菌を行います。

  • 04POINT

    使い捨て器具

    使い回しによる感染を防ぐために、注射針やメス、グローブ、紙コップ、エプロンなど使い捨てのものを使用しています。

  • 05POINT

    衛生管理の徹底

    衛生管理に対するスタッフの意識向上に努め、手洗い・消毒の徹底。使用ごとにグローブの交換はもちろん、細部まで配慮しています。

<メールでのご相談はこちら>

お問い合わせフォーム